MENU

家づくりコラムCOLUMN

間取りの後悔ポイントとは?福岡で注文住宅をご検討の方へご紹介!

2020.07.29

    福岡にお住まいで注文住宅をご検討中の方はいらっしゃいませんか。
    今回は注文住宅を建てるにあたって、最初の重要なプロセスである「間取り決め」に注目します。
    間取りにおいて後悔しやすいポイントや、後悔を防ぐコツをご紹介しますので是非参考にしてください。

    □リビングの間取りにおける後悔ポイントとは?

    住宅の中でもリビングは家族全員が過ごすスペースでもあるので、特に失敗を避けたいですよね。
    そこで今回は、よくある間取りの後悔ポイントを「リビング」に注目してご紹介します。

    1つ目は、収納が足りないことです。
    今まで賃貸に住んでいた方は、賃貸は各部屋が比較的近く、あまり収納について考えることがなかったと思います。
    しかし、戸建ての場合は部屋同士が離れているので、リビングにも収納がないと不便であることを押さえておきましょう。
    間取りによって設けられる収納スペースの広さが変わってくるので、設計の段階から考慮しておくことをおすすめします。

    2つ目は、ネットの接続環境が悪いことです。
    リモートワークも増えてきているので、書斎にルーターを置いている方もいるでしょう。
    しかし、書斎は構造上家の端に作ることが多いので、リビングでネットの接続が悪くなってしまいます。
    現代は家電のスマート化も進んでいるので、家中に電波を飛ばせるようにリビングにルーターを設置することをおすすめします。

    □間取りの後悔を防ぐコツとは?

    間取りの後悔を防ぐコツを2つご紹介します。

    1つ目は、賃貸や今の住まいにおける不満を調べることです。
    現在の不満を解消するようなアイデアを加えると、機能性の強化につながります。
    日々の些細な不満やこうなったら良いなという要望をリストアップしましょう。
    例えばお風呂が狭いことや、洗濯物を干すまでの動線が不便であることが、生活する上での不満として挙げられます。

    2つ目は、モデルハウスを活用することです。
    間取りの失敗の原因は、イメージ違いやシミュレーション不足であることが多いです。
    部屋の広さや通路の幅、窓の位置関係は図面を見るだけではよく分からないですよね。
    検討している間取りと似ているモデルハウスに行けば、実際に間取りを体験できるのでより明確にイメージできるでしょう。

    □まとめ

    リビングでよくある間取りの後悔ポイントと、後悔を防ぐコツをご紹介しました。
    自分で考えることも勿論大切ですが、過去にあった失敗を知っておくと具体的に考えやすいですよね。
    これらの紹介した例を反面教師にして、後悔しない間取りを手に入れましょう。

    福岡の注文住宅のことなら
    古賀市のウィズホーム株式会社へ

    ウィズホームの
    まじめな注文住宅づくり

    ウィズホーム株式会社は、古賀市、福津町、新宮市、宗像市を中心に、福岡県全域の新築戸建住宅の設計、施工、メンテナンスを行っております。
    住む人の健康を第一に考えた高気密、高断熱の注文住宅で、夏は暑さを入れず快適に、冬は熱を逃さず暖かい。家族が健康で幸せに暮らせる家づくりをまじめに行っています。
    また、住宅とご家族を地震から守る制振装置は、地震のエネルギーを吸収する優れもの。住宅とご家族を地震から守ります。
    安心の60年保証でお客様の人生に寄り添います。

    お問い合わせ・資料請求

    来場予約

    アクセスマップ