MENU

家づくりコラムCOLUMN

福岡に在住の方へ!注文住宅を建てる際の間取りの決め方をご紹介!

2020.05.11

    注文住宅で間取りを決める際に、どのように決めていけばいいのかよくわからないといった方は多いのではないでしょうか。
    それと同時に間取りはこだわりたい部分でもあるでしょう。
    そこで今回は、注文住宅を建てる際の間取りの決め方を福岡の専門業者がご紹介します。

     

    □注文住宅の間取りの決め方とは?

    間取りを決める際に押さえておくべきことは主に3つです。
    これからご紹介する3つのポイントを押さえておけば、間取りの決め方で迷うことは少なくなるでしょう。
    それでは1つずつ解説します。

     

    *敷地の利点を活かせる間取りにする

    敷地は場所によってさまざまな利点や欠点を持っています。
    例えば、日当たりがいい場所もあればあまりよくない場所もあります。
    そのため、ご自身が建てようとしている敷地の利点をきちんと把握しておき、その利点を最大限に活かせる間取りにすることを心がけましょう。

     

    *全体を決めてから細かい部分を決めていく

    間取りだけに限らず、全体の概要を把握してから細かい部分を決めていくのは何事にも通じて重要です。
    そのため、間取りでも、LDKをどうするか、またどこにどのような部屋を置くかなどを決めてから細かい部分を決めていきましょう。

     

    *間取りに動線を盛り込む

    動線を盛り込むとはつまり、普段の生活を想像して、生活がしやすくなるように間取りを考えることです。
    例えば、幼稚園くらいの小さなお子様がいるご家庭でしたら、料理をしている間にお子様から長い時間目を離すのが怖いと感じるでしょう。
    そこで、キッチンとお子様がよく遊ぶ場所を目の届く範囲にすることをおすすめします。
    このように家族構成や生活動線を盛り込んで間取りを決めていきましょう。

     

    □注文住宅の間取りを決めるときに確認すべきこととは?

    次に間取りを決めるときに確認すべきことを3つご紹介します。

    1つ目は採光、風通しです。
    太陽の光は人間が快適に生活するうえで欠かせないものです。
    そのため、長い時間過ごす場所は太陽の光がよく当たるような間取りにしましょう。
    また、風通しも重要な項目です。

    2つ目は家電や家具の配置です。
    これらの配置をイメージしておくと、実際に家が建った後も家具や家電の配置で困ることはありません。

    3つ目は玄関と階段の配置です。
    玄関の配置を考える際は道路も考慮し、道路から玄関までの動線を意識しましょう。
    階段に関しては、玄関の位置を決めてから、他の部屋への導線を考慮して配置します。

     

    □まとめ

    注文住宅の間取りの決め方と確認すべきことをご理解いただけたでしょうか。
    特に全体を決めてから細かい部分を決めていくことは重要なので覚えておいてください。

    福岡の注文住宅のことなら
    古賀市のウィズホーム株式会社へ

    ウィズホームの
    まじめな注文住宅づくり

    ウィズホーム株式会社は、古賀市、福津町、新宮市、宗像市を中心に、福岡県全域の新築戸建住宅の設計、施工、メンテナンスを行っております。
    住む人の健康を第一に考えた高気密、高断熱の注文住宅で、夏は暑さを入れず快適に、冬は熱を逃さず暖かい。家族が健康で幸せに暮らせる家づくりをまじめに行っています。
    また、住宅とご家族を地震から守る制振装置は、地震のエネルギーを吸収する優れもの。住宅とご家族を地震から守ります。
    安心の60年保証でお客様の人生に寄り添います。

    お問い合わせ・資料請求

    来場予約

    アクセスマップ