MENU

家づくりコラムCOLUMN

福岡で注文住宅を購入する方へ!南向きの間取りについて解説します!

2020.05.07

    「日光がよく当たるから家やマンションを買うときは南向きの物件を買うといい」と言ったことをよく耳にするのではないでしょうか。
    しかし、実際に「南向きはそれほど大きな利点があるのかな?」と考えている方もいらっしゃるでしょう。
    そこで今回は、間取りは南向きがおすすめなのか、またその利点や欠点の解説をします。

     

    □南向きの間取りがおすすめの理由と注意点を解説します!

    実際に南向きの間取りはおすすめです。
    先ほども少し触れましたが、南向きだと日当たりが良くなります。

    しかし注意すべきこともあるので、詳しく解説をします。
    まず、南向きの間取りにしたからには、南向きの良さを最大限に生かす必要があり、その良さを無くすようなことをしないようにしましょう。
    それでは実際にどのようなことに気をつけるといいのでしょうか。

    まずは、駐車場です。
    南に道路があるということは、車をお持ちの方は車が入ってくるのも南からになり、駐車場を南側につくる方がほとんどでしょう。
    そうなると、間口の狭い物件の場合、日当たりの良い部分が駐車場になってしまうので南向きの良さを最大限に生かせません。
    そのため、間口はできるだけ広い方がいいです。

    また、周辺環境にも注意しましょう。
    向かい側に高いビルやマンションが建っている場合、南向きの間取りであっても日当たりは悪くなってしまいます。
    反対に、南側に高いビルやマンションがなければ十分に日当たりを確保できるでしょう。

     

    □南向きの間取りの利点と欠点を解説!

    *利点

    利点は先ほどから何度か述べている通り日当たりが良くなることです。
    では実際に日当たりが良くなるとどのような利点があるのでしょうか。

    まず、大前提として、人間は日光が必要な生き物です。
    日光があるから、体内時計が24時間で調整されています。
    また、朝に太陽を浴びることでメラトニンというものが分泌され、健康的に過ごせます。

    さらに、南向きのよく日当たりが良いところに洗濯物を干しておくと乾きやすくなるのも大きな利点でしょう。

     

    *欠点

    欠点の1つとして、夏は暑くなりすぎることがあるということです。
    やはり日当たりが良い分暑くなってしまうのは仕方がないかもしれません。

    また、勉強や仕事をする場合、明るくなりすぎることもあります。
    南向きに勉強机や仕事机を置いている場合、太陽の光が強くて眩しいことがあり、集中できない場合があります。

    しかし、これらの欠点を簡単にあるもので補えます。
    それはカーテンです。
    必要なときだけカーテンを閉めておけば問題ありません。

     

    □まとめ

    注文住宅において南向きの間取りがおすすめの理由とその注意点、また利点と欠点を解説しました。
    注文住宅の方角でお悩みの方はぜひ参考にしてください。
    また、福岡で注文住宅をお考えの方はぜひ当社までご気軽にご連絡ください。

    福岡の注文住宅のことなら
    古賀市のウィズホーム株式会社へ

    ウィズホームの
    まじめな注文住宅づくり

    ウィズホーム株式会社は、古賀市、福津町、新宮市、宗像市を中心に、福岡県全域の新築戸建住宅の設計、施工、メンテナンスを行っております。
    住む人の健康を第一に考えた高気密、高断熱の注文住宅で、夏は暑さを入れず快適に、冬は熱を逃さず暖かい。家族が健康で幸せに暮らせる家づくりをまじめに行っています。
    また、住宅とご家族を地震から守る制振装置は、地震のエネルギーを吸収する優れもの。住宅とご家族を地震から守ります。
    安心の60年保証でお客様の人生に寄り添います。

    お問い合わせ・資料請求

    来場予約

    アクセスマップ