MENU

家づくりコラムCOLUMN

福岡で注文住宅を検討している方必見!家事動線の良い間取りについてご紹介

2020.03.08

    注文住宅を購入する際に、気をつけるべき点として家事動線があります。
    しかし、どのように家事動線の良い間取りを考えるか、また家事動線が良い間取りがどのような間取りなのかわからない方もいらっしゃるでしょう。
    そこで今回は、注文住宅における家事動線が良い間取りについて紹介します。

     

    □家事動線が良い間取りとは?

    家事動線とは、文字通り家事の際に移動する経路のことです。
    朝や夕方などは料理や洗濯などの家事を同時並行で行わなければいけない時間となることが多いです。
    その際に家事動線が悪い間取りだと、家事の際の無駄な移動が多くなってしまいます。
    つまり、キッチンや洗面室、洗濯物を干すベランダなどのスペースが近い場所に配置されていると移動距離が短くなるため、家事動線が良い間取りと言えるでしょう。
    また、キッチンやトイレなどの水回りが集中して配置されているような場合、家事動線が良いだけでなく、配管工事の費用を安く済ませられるなどのメリットがあります。
    このように家事動線を良くすることで様々なメリットがあります。

     

    □家事動線を意識した家の間取り

    *キッチンの間取り

    例えばキッチンの間取りを考える際、広いキッチンの方が快適で機能性が高いというイメージがある方もいらっしゃるでしょう。
    しかし、必ずしもそうとは限りません。
    キッチンが必要以上に広いと調理の際に移動する時間が多くなり、作業効率が悪くなってしまう可能性があります。
    キッチンの家事動線を考慮する際は、調理の際にどのように動くか考えると考えやすいでしょう。
    キッチンの場合、効率の良い間取りを考える際は冷蔵庫とシンクと料理台が三角形を描くような動線だと作業がしやすくなります。

    *トイレやバスルームの間取り

    トイレやバスルームの動線が良いと、トイレやバスルームの移動がスムーズになることで清潔さを保つことにつながる場合があります。
    先ほど説明したように水回りの間取りが集中していることで配管工事の費用を抑えられます。
    しかし、洗面台とトイレが近いと来客があった場合にトイレとバスルームが近いとお客様が使いにくい場合があります。
    それらも考慮して間取りを考えることが必要です。

     

    □まとめ

    今回は、注文住宅における家事動線が良い間取りについて紹介しました。
    注文住宅は見た目のおしゃれに気を取られがちですが、家事動線を意識することで、生活の質の高い快適な家を実現させたいところですね。
    福岡にお住まいの方で注文住宅をご検討中の方は、お気軽にご相談ください。

    福岡の注文住宅のことなら
    古賀市のウィズホーム株式会社へ

    ウィズホームの
    まじめな注文住宅づくり

    ウィズホーム株式会社は、古賀市、福津町、新宮市、宗像市を中心に、福岡県全域の新築戸建住宅の設計、施工、メンテナンスを行っております。
    住む人の健康を第一に考えた高気密、高断熱の注文住宅で、夏は暑さを入れず快適に、冬は熱を逃さず暖かい。家族が健康で幸せに暮らせる家づくりをまじめに行っています。
    また、住宅とご家族を地震から守る制振装置は、地震のエネルギーを吸収する優れもの。住宅とご家族を地震から守ります。
    安心の60年保証でお客様の人生に寄り添います。

    お問い合わせ・資料請求

    来場予約

    アクセスマップ