MENU

家づくりコラムCOLUMN

福岡で注文住宅を探す人へ!気になる住宅ローンの種類を解説。

2020.01.21

    「注文住宅を購入したいけどおすすめのローン先はどこ?」
    「ローンの種類と注意点が知りたい!」

    注文住宅の購入にあたって、ローンを組むのが一般的です。
    最近の住宅ローンは、金利や審査基準にばらつきがあり、迷いますよね。
    住宅ローンの選択肢や注意点を知らず、ほかの会社より多くの支払いをしてしまった。
    なんてことはしたくないですよね?
    そこで今回は、福岡の方に向けて、住宅ローンの選択肢と注意点について詳しく解説いたします。
    新居購入に不安や迷いがないようにしっかり住宅ローンを検討してください。

    □注文住宅のローンの種類

    住宅ローンは「民間住宅融資」「公的住宅融資」「協調融資」の3種類があります。
    主に利用されるのは、「民間住宅融資」「公的住宅融資」になります。
    「民間住宅融資」と「公的住宅融資」の大きな違いは融資先の豊富さです。

    「民間住宅融資」は銀行、信用金庫、労働金庫、住宅ローン専門会社などの民間機関が用意している住宅ローンです。
    銀行は数多くの種類があります。
    魅力は源泉徴収書のみで通る事例などといった審査の通りやすさです。
    デメリットは金利が高いと言う点ですね。

    一方、「公的住宅融資」は公的機関が主体となっています。
    例えば、会社で財形貯蓄をしている方に向けた「財形住宅融資」や自治体に向けた「自治体融資」があります。
    公的ローンの魅力は公務員や自治体に勤めている方向けだということですね。
    また、金利が安く安心感があります。
    デメリットは審査が厳しい傾向にある点です。

    *どうやって選ぶのか

    ローンを選ぶ基準は、自身の貯金額と世帯収入額、購入したい物件の価格からシュミレーションするのが良いと思います。
    どうしても自分で見つけるのが難しい場合は専門家(銀行や住宅ローン会社)に尋ねるのがいいかと思います。

    *住宅ローンの金利タイプ

    金利タイプは3種類存在していて変動金利・固定金利選択型・全期間固定金利となります。
    おすすめは変動金利です。
    理由はその金利の安さです。
    頭金がない、少ない方にとってローンの月々の返済額は安心ですよね。

    ただ難点は、金利の上昇がある点です。
    利息は返済しても元金が全く減らないといった可能性がありますので余裕を持った返済が出来る方に向いていると思います。

    □まとめ

    今回は、住宅ローンの種類とそれぞれの注意点、金利のタイプについてご紹介しました。
    物件や支払い能力によって向いているローンは違いますので、一度専門家に相談するのも良いかと思います。
    また当社では、住宅ローンに詳しい不動産の専門家が多数在籍しておりますので、福岡で物件探しをしている方は是非ご相談ください。

    福岡の注文住宅のことなら
    古賀市のウィズホーム株式会社へ

    ウィズホームの
    まじめな注文住宅づくり

    ウィズホーム株式会社は、古賀市、福津町、新宮市、宗像市を中心に、福岡県全域の新築戸建住宅の設計、施工、メンテナンスを行っております。
    住む人の健康を第一に考えた高気密、高断熱の注文住宅で、夏は暑さを入れず快適に、冬は熱を逃さず暖かい。家族が健康で幸せに暮らせる家づくりをまじめに行っています。
    また、住宅とご家族を地震から守る制振装置は、地震のエネルギーを吸収する優れもの。住宅とご家族を地震から守ります。
    安心の60年保証でお客様の人生に寄り添います。

    お問い合わせ・資料請求

    来場予約

    アクセスマップ