MENU

家づくりコラムCOLUMN

福岡で注文住宅を建てたい方必見!玄関の間取りについて紹介します!

2020.02.17

    注文住宅を建てるにあたって、リビングやキッチンなどをどんな風にするか気になるものの、家族が行き来をする玄関も気になるところですよね。
    しかし、玄関をどのような間取りにしたいかと聞かれるとピンと来ない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
    そこで今回は、玄関の間取りについて詳しく解説します。

     

    □玄関の間取りはどのようにして決めるのか?

    理想的な家を作りたい場合、玄関も非常に重要な要素となってきます。
    玄関の機能性が高いと家の印象も非常に良くなり、使い心地もよくなります。
    玄関の機能性を上げるポイントとしては、やはり広さが重要です。
    いかに広いスペースを確保するかによって玄関の使いやすさが大きく変わります。
    玄関に置くものといえば、まず靴です。
    この靴を収納するためのスペースではなくアウトドアグッズをはじめとした趣味のグッズなどを保管する場所としても玄関は使われることがあります。
    では玄関の理想的な広さとはどのくらいなのでしょうか?
    理想的な玄関の広さは収納したいものの種類や量によって変わります。
    同じ靴でも、例えばスニーカーとブーツでは必要とするスペースが変わります。
    それらに加えて趣味の道具も、ゴルフバッグやサッカーボール、自転車など大きさが様々です。
    置きたいものが何かを考えてから、どのくらいのスペースが玄関に必要か考えると、失敗も減らせます。

     

    □玄関を快適にする工夫とは?

    *玄関と方角の関係

    家づくりの際に風水などを気にされる方もいらっしゃいますが、風水などの理由を差し引いても玄関と方角はかなり関係があるといえます。
    例えば、玄関が南にある場合、日当たりが良い分採光がしやすく、冬場は暖かいといったメリットがあります。
    しかし、玄関を南にすると日当たりが強い分夏場が暑かったり、玄関ドアが紫外線で劣化しやすくなったりするので、直射日光を避ける工夫が必要です。
    また、玄関を北向きに配置すると直射日光を避けつつ、日当たりの良い南にリビングなどを配置しやすいといったメリットがあります。

    *玄関に吹き抜けは必要?

    玄関に吹き抜けを作りたいという方がいらっしゃいます。
    確かに玄関に吹き抜けを作ることで解放感が生まれ、より玄関が明るくなる場合もあります。
    しかし、玄関に吹き抜けを作っても、それだけで解放感が生まれるわけではありません。
    光の取り込み方などを工夫しないと吹き抜けにするメリットもなくなってしまいます。
    また、吹き抜けを作るには二階のスペースが減るので、それ以外の部分で十分なスペースが必要です。
    それらを踏まえた上で、吹き抜けの設置を考えた方が良いでしょう。

     

    □まとめ

    今回は、玄関の間取りについて詳しく解説しました。
    玄関に置いて大事なのは使い勝手です。
    出入りしやすいようにするにはどうしたら良いか考えると、機能的な玄関ができるのではないでしょうか。
    その他注文住宅に関してご質問のある方や、福岡にお住まいの方で注文住宅をご検討中の方は、お気軽にご相談ください。

    福岡の注文住宅のことなら
    古賀市のウィズホーム株式会社へ

    ウィズホームの
    まじめな注文住宅づくり

    ウィズホーム株式会社は、古賀市、福津町、新宮市、宗像市を中心に、福岡県全域の新築戸建住宅の設計、施工、メンテナンスを行っております。
    住む人の健康を第一に考えた高気密、高断熱の注文住宅で、夏は暑さを入れず快適に、冬は熱を逃さず暖かい。家族が健康で幸せに暮らせる家づくりをまじめに行っています。
    また、住宅とご家族を地震から守る制振装置は、地震のエネルギーを吸収する優れもの。住宅とご家族を地震から守ります。
    安心の60年保証でお客様の人生に寄り添います。

    お問い合わせ・資料請求

    来場予約

    アクセスマップ