MENU

家づくりコラムCOLUMN

福岡で注文住宅をお考えの方必見!間取りの要望の伝え方を紹介します

2020.03.12

    注文住宅を購入するにあたって、ここだけは譲れないというこだわりがある方がいらっしゃると思います。
    しかし、注文住宅の設計の段階で業者さんにどのように伝えたら良いかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
    そこで今回は、注文住宅の間取りの要望の伝え方について紹介します。

     

    □注文住宅の間取りの要望を伝える必要性とは?

    注文住宅を検討する方は、こだわりの詰まったマイホームに住みたいという方が多いでしょう。
    しかし、打ち合わせの段階で要望を伝えようにもどう伝えたら良いかわからないという方も多くいらっしゃいます。
    また、要望が多い場合、どれを優先したら良いかわからなくなることがあります。
    その結果、打ち合わせでしっかりと要望が伝わらず、自分が理想としていた間取りとは程遠いものを提示されるという結果になる可能性があります。
    これらの理由から、打ち合わせの段階で自分の要望をきちんと伝えることが大事だとわかります。
    では、打ち合わせの際、どのように要望を伝えるのが良いのでしょうか?
    ここからは、打ち合わせの時に間取りの要望を伝えるコツについて紹介します。

     

    □注文住宅の打ち合わせの際に間取りの要望を伝えるコツとは?

    *書面などを用いて要望を伝える

    打ち合わせの際に口頭のみで要望を伝えてしまうと、業者さんが聞き逃してしまう可能性があります。
    業者さんは基本的にはパソコンなどでメモを取りながら要望を聞いてくれますが、聞き逃しがないとも限りません。
    要望を書面上に箇条書きして、補足説明を口頭ですると業者さんも聞き逃しなどをするリスクが減ります。

    *優先順位を決める

    先ほど説明したように要望をうまく伝えられない理由として、要望が多くうまくまとまらない場合があります。
    その際に、それぞれの要望に優先順位をつけておくことで、理想のマイホームに近づけられます。
    また、優先順位をつけた場合、優先順位の低い項目には費用をできるだけかけないといった工夫ができます。
    優先順位を明確にすると判断に迷わなくなるといったメリットがあります。

     

    □まとめ

    今回は、注文住宅の間取りの要望の伝え方について紹介しました。
    要望を伝えるにあたって不安なこともあるでしょう。
    しかし、注文住宅は一生のうちでも大きな買い物なので、打ち合わせの際にきちんと要望を伝えましょう。
    今回紹介した内容以外でご質問のある方や、福岡で注文住宅をご検討中の方は、お気軽にご相談ください。

    福岡の注文住宅のことなら
    古賀市のウィズホーム株式会社へ

    ウィズホームの
    まじめな注文住宅づくり

    ウィズホーム株式会社は、古賀市、福津町、新宮市、宗像市を中心に、福岡県全域の新築戸建住宅の設計、施工、メンテナンスを行っております。
    住む人の健康を第一に考えた高気密、高断熱の注文住宅で、夏は暑さを入れず快適に、冬は熱を逃さず暖かい。家族が健康で幸せに暮らせる家づくりをまじめに行っています。
    また、住宅とご家族を地震から守る制振装置は、地震のエネルギーを吸収する優れもの。住宅とご家族を地震から守ります。
    安心の60年保証でお客様の人生に寄り添います。

    お問い合わせ・資料請求

    来場予約

    アクセスマップ