MENU

家づくりコラムCOLUMN

福岡で注文住宅をお考えの方へ!子供部屋の収納についてご紹介

2020.03.29

    「子供部屋に収納は作ったほうがいいの?」
    こういった意見をよく耳にします。
    結局、収納はあったほうがいいのでしょうか?
    子供部屋の収納は、便利なものではありますが、メリットとデメリットがあります。
    それぞれのポイントを考慮して、収納を作るのか考えましょう。
    そこで今回は、子供部屋の収納についてご紹介します。

    □子供部屋に収納を作る際のポイント

    子供部屋に収納を作る前に、メリットとデメリットを確認しておきましょう。

    *メリット

    まず、収納場所が増えることで、子供の服や道具をきれいに収納できます。
    子供は、何かと必要なものが多いですよね?
    使わなくなったものも、思い出として残しておきたいと思ったことはありませんか。
    そういった際に、収納があると、とても便利です。
    さらに、子供が幼いころから、収納に慣れさせることもメリットの一つです。
    収納を生活習慣にしておくことで、将来的にも安心できます。

    *デメリット

    子供部屋は子供がいるうちは、子供が使うのでとても便利な部屋です。
    しかし、子供が独立したときのことを考えてみると、違う考え方になるかもしれません。
    子供が独立すると、子供部屋は、おそらく収納部屋になることが多いでしょう。
    もし、収納部屋になった場合、収納部屋に、収納スペースがあるのは、不便です。
    昔は便利だった収納場所も、子供部屋が収納部屋になると、邪魔になる可能性もあります。

    □子供部屋の収納について

    子供部屋の収納を作る際には、注意点があります。
    それは、収納の奥行きは浅くしたほうがいいということです。
    なぜ、奥行きを浅くしたほうがいいのと疑問に思いますよね。
    理由はいくつかあります。
    まず、奥行きが深いと、子供が自分の服を取り出しにくいからです。
    奥行きが浅いと、服を取り出すのも簡単ですよね。
    そして、奥行きが浅い収納だと、空間を有効的に使えます。
    奥行きが深いと、無駄なスペースができてしまい、掃除も不便になってしまいます。
    また、奥行きが浅い収納だと、コストも抑えられるのはご存じですか?
    これらの理由によって、子供部屋の収納は、奥行きの浅いものがおすすめです。

    □まとめ

    今回は、子供部屋の収納についてご紹介しました。
    子供部屋の収納は、子供のことを第一に考えつつ、将来のことも考慮して、作りましょう。
    当社では、福岡を中心に、注文住宅のお問い合わせを受け付けております。
    子供部屋の収納に関しても、ぜひお問い合わせください。
    皆様からのご意見や、ご相談をお待ちしております。

    福岡の注文住宅のことなら
    古賀市のウィズホーム株式会社へ

    ウィズホームの
    まじめな注文住宅づくり

    ウィズホーム株式会社は、古賀市、福津町、新宮市、宗像市を中心に、福岡県全域の新築戸建住宅の設計、施工、メンテナンスを行っております。
    住む人の健康を第一に考えた高気密、高断熱の注文住宅で、夏は暑さを入れず快適に、冬は熱を逃さず暖かい。家族が健康で幸せに暮らせる家づくりをまじめに行っています。
    また、住宅とご家族を地震から守る制振装置は、地震のエネルギーを吸収する優れもの。住宅とご家族を地震から守ります。
    安心の60年保証でお客様の人生に寄り添います。

    お問い合わせ・資料請求

    来場予約

    アクセスマップ