MENU

家づくりコラムCOLUMN

福岡で注文住宅の購入を検討中の方へ|ローンを組む際の注意点とは?

2019.06.28

    「注文住宅のローンを借り入れる際の注意点を教えて欲しい」
    「何に気を付けて、住宅ローンを組めばよいのだろう」
    このように考えている方はいらっしゃいませんか。
    注文住宅のローンを借り入れるに当たって注意することとは一体何なのでしょうか。
    今回、この記事では、注文住宅のローンを組む際の注意点をご紹介いたします。

     

    □土地と注文住宅はセットで申し込む

    原則として、住宅ローンを申し込む時は、土地と注文住宅はセットで申し込みます。
    これは、住宅ローンが土地と住宅の両方を担保に融資を行うローンであるからです。
    また、このとき、審査を受けるために、注文住宅は建築確認申請を行っている必要があります。
    建築確認申請とは、建築物が建築基準法・条例等に適合しているかを確認するための役所への申請のことです。
    仮に、注文住宅を建てるための土地を準備できていたとしても、注文住宅の建築確認申請が済んでいなければ、住宅ローンの申し込みはできません。

     

    □土地と注文住宅で融資が行われるタイミングは違う

    土地と住宅では、融資が行われるタイミングが違います。
    基本的に、土地は決済の終了時に融資が実行されますが、住宅は引き渡しが行われる時点で融資が実行されます。
    注文住宅では、引き渡しまでに何回か支払いする場面があります。
    したがって、その支払いのために、自身で資金を用意するのか、それともつなぎ融資を行うのかは考えておきましょう。

     

    □住宅ローンの金利が決まるタイミングは引き渡し時である

    住宅ローンの金利が決まるタイミングは引き渡しが行われる時になります。
    注文住宅を購入する際には住宅ローンの本申し込みから建物の引き渡しまでが半年以上先になるケースも多いです。
    そのため、金利の動向によっては、本申し込み時の金利よりも大幅に金利が上がった状態で住宅ローンを組むことになってしまう可能性があります。
    また金融機関によっては事前審査時、本申し込み時、引き渡し時の中で一番低い金利を選択することができる銀行もございます。

     

    □まとめ

    この記事では、注文住宅のローンを組む際の注意点をご紹介いたしました。
    まとめると、注文住宅のローンを借り入れるに当たり注意することは、土地と注文住宅はセットで申し込むこと、土地と注文住宅で融資が行われるタイミングは違うこと、住宅ローンの金利が決まるタイミングは引き渡し時であることですね。
    注文住宅のローンを借り入れる際に、注意することが分からない方にとって、この記事が参考になったなら幸いです。
    最後まで読んで頂きありがとうございました。

    福岡の注文住宅のことなら
    古賀市のウィズホーム株式会社へ

    古賀市・福津市・新宮町・宗像市

    ウィズホームの
    まじめな注文住宅づくり

    ウィズホーム株式会社は、古賀市、福津町、新宮市、宗像市を中心に、福岡県の新築戸建住宅の設計、施工、メンテナンスを行っております。
    住む人の健康を第一に考えた高気密、高断熱の注文住宅で、夏は暑さを入れず快適に、冬は熱を逃さず暖かい。家族が健康で幸せに暮らせる家づくりをまじめに行っています。
    また、住宅とご家族を地震から守る制振装置は、地震のエネルギーを吸収する優れもの。住宅とご家族を地震から守ります。
    安心の60年保証でお客様の人生に寄り添います。

    お問い合わせ・資料請求

    モデルルーム見学会

    アクセスマップ