MENU

家づくりコラムCOLUMN

照明でもっとおしゃれに!福岡の業者が注文住宅の照明の選び方を解説!

2020.07.11

    おしゃれな家を目指すなら、照明はこだわりたいポイントですよね。
    でも、いざ照明を選ぶとなると、選択肢が多すぎて困ると思います。
    今回は、そんな方に向けて、具体的な照明の選び方をご紹介します。

    □部屋ごとの照明選びのポイント

    場所ごとに適した照明を選ぶことをおすすめします。
    今回は特に印象を変える3つの部屋に絞ってご紹介します。

    1つ目は、玄関です。
    玄関に使用するライトは、はっきりと明るい光を出せる照明を選びましょう。
    部屋全体を照らすことで、玄関の印象も良くなりますし、夜に来客が来た際にも顔を確認できます。

    照明の形は、玄関が吹きぬけの場合はペンダントライトを使用すると、おしゃれな雰囲気を演出できます。
    吹き抜けがない場合は、頭上にスペースを確保するためにダウンラウトを使用すると良いでしょう。

    補足として、自動感知センサーが搭載された照明があると便利です。
    夜に帰宅した際には、すぐに電気がつくので、玄関でスイッチを探す手間を省けます。
    また、電気を消し忘れた場合でも自動で消えますので、電気代が無駄になることもありません。

    2つ目は、ダイニングです。
    ダイニングに設置する照明は、ペンダントライトが良いでしょう。
    明るくできる範囲は小さいですが、コントラストを強く出せるため、ダイニングの空間を引き立たせてくれます。

    ただ、多くの家庭ではリビングとダイニングは併設されているため、2部屋のバランスを考えながら照明の数を決めていきましょう。

    3つ目は、寝室です。
    寝室には間接照明を置くと良いでしょう。
    暖色系の色のライトを使用することで、寝室全体を温かい雰囲気を演出できます。
    就寝前のリラックスを意識して、ライト選びをしてみてください。

    □照明選びにはデザイン性だけでなく明るさ考慮する必要がある

    照明を選ぶ際には、照明機器のデザインやライトの色だけでなく、ライトの明るさも考慮する必要があります。

    照明のカタログには光束値(ルーメン)が記載されています。
    これは、光の明るさの量を示す指標で、数値が大きいほど明るい光を出します。

    照明の明るさと聞くと、ワット(W)を想像する方もおられるかもしれませんが、実はこれは照明機器が使用する電気の量を示しています。
    そのため、ワットの値が高くても、ライトが明るいとは限りません。

    照明を選ぶ際には、照明を置きたい部屋の広さと照明の光束値を、考慮した上で決めていきましょう。
    また、照明器具によっては真下だけを強く照らす物や、部屋全体を照らす物があるので、それぞれの特徴を押さえながら選ぶことをおすすめします。

    □まとめ

    おしゃれな照明の選び方について詳しくご紹介しました。
    この記事を参考にして、部屋に合った照明選びをしてみてください。

    福岡の注文住宅のことなら
    古賀市のウィズホーム株式会社へ

    ウィズホームの
    まじめな注文住宅づくり

    ウィズホーム株式会社は、古賀市、福津町、新宮市、宗像市を中心に、福岡県全域の新築戸建住宅の設計、施工、メンテナンスを行っております。
    住む人の健康を第一に考えた高気密、高断熱の注文住宅で、夏は暑さを入れず快適に、冬は熱を逃さず暖かい。家族が健康で幸せに暮らせる家づくりをまじめに行っています。
    また、住宅とご家族を地震から守る制振装置は、地震のエネルギーを吸収する優れもの。住宅とご家族を地震から守ります。
    安心の60年保証でお客様の人生に寄り添います。

    お問い合わせ・資料請求

    来場予約

    アクセスマップ