MENU

家づくりコラムCOLUMN

注文住宅を購入する際の節約のポイントとは?福岡にお住まいの方必見

2019.07.10

    「注文住宅の購入の際、節約できるポイントを知りたい」
    「注文住宅を建てる際に、どのようにコストダウンを図ればいいのだろうか」
    福岡にお住まいで、このように考えている方はいらっしゃいませんか。
    日々の暮らしの中で、注文住宅購入の際のコストダウンの方法を知るのはなかなか難しいと思います。
    そこで、この記事では、注文住宅購入の際の節約ポイントをご紹介致します。

     

    □内装の壁を取り払う

    まず一つに、内装の壁を取り払うことで節約できます。
    これは、壁の数が多ければ多いほど、その分、建設費用が高くなるためです。
    また、小さなお子様がいる家庭なら、壁が沢山ある家よりも、むしろ壁を取り払って広くスペースを利用した家にした方が良いかもしれません。
    なぜなら、家族がどこで何をしているのかが見えやすく、家族のコミュニケーションが取りやすくなるからです。

     

    □床の面積を減らす

    また、床の面積を減らすことにより節約できます。
    建設費用というものは、(坪単価)×(床の面積)の値が大きいほど、高くなると考えられます。
    したがって、床の面積が広ければ広いほど、その分、建設費用が掛かるのです。
    注文住宅を建てる際は、建築プランの中で無駄に床の面積を取っている場所がないかチェックしてみると良いです。

     

    □和室を無くす・和室の数を減らす

    和室を無くす・和室の数を減らすことも節約に繋がります。
    客間や寝室に利用できて便利な和室ですが、材料費の高い白木や塗り壁を使用するため、洋室を作るよりも建築費用がかかる傾向にあるのも事実です。
    そのため、節約するためには、思い切って和室を無くす・和室の数を減らす決断もしても良いでしょう。
    もしどうしても和室は残したいのなら、塗り壁をクロスにすることをおすすめします。
    塗り壁は材料費も掛かりますが、左官職人さんへの人件費も掛かります。
    これをクロスに変えることで、少しは和室に掛かる建築費用を抑えられるでしょう。

     

    □まとめ

    この記事では、主に内装部分でのコストカットを取り上げ、具体的には内装の壁を取り払う、床の面積を減らす、和室を無くす・和室の数を減らすという3点を行うことで節約する方法を紹介しました。
    注文住宅購入の際の節約ポイントが分からない方にとって、この記事が参考になったなら幸いです。
    また、もし福岡で注文住宅を建てようと検討している方や何か注文住宅で分からないことがある方がいれば、当社、ウィズホーム株式会社にお気軽にお問い合わせ下さい。

    福岡の注文住宅のことなら
    古賀市のウィズホーム株式会社へ

    古賀市・福津市・新宮町・宗像市

    ウィズホームの
    まじめな注文住宅づくり

    ウィズホーム株式会社は、古賀市、福津町、新宮市、宗像市を中心に、福岡県の新築戸建住宅の設計、施工、メンテナンスを行っております。
    住む人の健康を第一に考えた高気密、高断熱の注文住宅で、夏は暑さを入れず快適に、冬は熱を逃さず暖かい。家族が健康で幸せに暮らせる家づくりをまじめに行っています。
    また、住宅とご家族を地震から守る制振装置は、地震のエネルギーを吸収する優れもの。住宅とご家族を地震から守ります。
    安心の60年保証でお客様の人生に寄り添います。

    お問い合わせ・資料請求

    モデルルーム見学会

    アクセスマップ