MENU

家づくりコラムCOLUMN

注文住宅の間取りを失敗しないための注意点を紹介

2019.06.14

    「注文住宅の間取りに失敗したくない」
    「けど、どこに気を付ければいいのかわからない」
    このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
    確かに、注文住宅を建てるときに重要なのが間取りです。
    注文住宅はこれからずっと住むわけですから、間取りに失敗してしまうと取り返しがつきません。
    そこで、今回はそんな方たちのために注文住宅の間取りを決める際に注意するべきことをご紹介します。

     

    □間取りの注意点

     

    *収納スペース

    間取りで気を付けないといけないのが、収納スペースです。
    収納スペースが少なすぎると困りますし、多すぎると無駄なスペースができてしまいます。
    こういった失敗をしないために、家族の構成や場所、土地の大きさを考えて、収納スペースの場所や大きさを決めましょう。
    収納スペースの場所決めは頻度で決めると効果的です。
    例えば、よく使う文房具や服などは部屋に備え付けの収納に、年に一回使うかどうかのものは屋根裏や物置に置いておきましょう。

     

    *コンセントの位置

    間取りを決める際に見落としがちなのがコンセントの位置です。
    コンセントの位置に失敗してしまうと、テレビの位置も思うようにいかず、他の家具の配置にも支障がでます。
    そこで、コンセントの位置は設計段階で検討しておくことをおすすめします。
    例えば、設計の図目に家具とコンセントの位置を記入するだけでわかりやすく、自分の思うような位置に家具を配置できます。

     

    *水回りの位置

    間取りを決める際には水回りの位置にも注意しましょう。
    水回りやトイレなどは必然的に音が出てしまいます。
    そのため、トイレや水回りが寝室と近いと睡眠の妨げになります。
    特に、小さいお子さんがいる方はこの水回りやトイレの位置には気をつけてください。

     

    *窓の配置

    部屋の中に新鮮な空気を循環させるために重要なのが窓の配置です。
    基本的には北と南、東と西といったように反対側に窓を配置することで、空気を縦貫させることができます。
    しかし、一概にこれがいいということはありません。
    そのため、自分のライフスタイルや立地条件にあうように窓を配置していきましょう。

     

    □まとめ

    今回は注文住宅を建てる際の間取りの注意点についてご紹介しました。
    このように、窓の配置やコンセントの位置まで気を配ると、とても快適な生活が送れるでしょう。
    また、間取りを決める際には実際に自分が住んだ時のことをイメージすることが重要です。
    そうすると、どこが不便でどうすれば快適になるのかわかりやすいです。
    こういった間取りなどでお困りの方はぜひ私たちにご相談ください。
    お待ちしております。

    福岡の注文住宅のことなら
    古賀市のウィズホーム株式会社へ

    古賀市・福津市・新宮町・宗像市

    ウィズホームの
    まじめな注文住宅づくり

    ウィズホーム株式会社は、古賀市、福津町、新宮市、宗像市を中心に、福岡県の新築戸建住宅の設計、施工、メンテナンスを行っております。
    住む人の健康を第一に考えた高気密、高断熱の注文住宅で、夏は暑さを入れず快適に、冬は熱を逃さず暖かい。家族が健康で幸せに暮らせる家づくりをまじめに行っています。
    また、住宅とご家族を地震から守る制振装置は、地震のエネルギーを吸収する優れもの。住宅とご家族を地震から守ります。
    安心の60年保証でお客様の人生に寄り添います。

    お問い合わせ・資料請求

    モデルルーム見学会

    アクセスマップ