MENU

家づくりコラムCOLUMN

注文住宅の間取りでお困りの方へ!福岡の業者が間取りに関する失敗と注意点を解説!

2020.05.03

    注文住宅を建てる際によくある悩みとして、
    「間取りはこだわりたいけど、失敗しそう」
    「間取りの知識はないけど大丈夫?」というものがあります。
    しかし、きちんとした知識をつければ、そこまで気にする必要はありません。
    そこで今回は、間取りに関する失敗と注意点を福岡の施工会社が解説します。

     

    □注文住宅の間取りでよくある失敗とは?

    ここではよくある失敗として3つの失敗をご紹介します。

    1つ目は「後から間取りの変更がしたい」という失敗です。
    間取りは後から変更がしやすいものと難しいものがあり、難しいものを変更したいとなった場合、取り返しがつきません。
    そのため、難しいものは事前に把握しておき、後から変更したいと思わなくても済むようにしましょう。

    難しいものとして、窓やサッシ、水回り、部屋の広さや壁、柱の位置などが挙げられます。
    これらのものは特に注意してください。

    2つ目は間取りの要望を伝えるタイミングの失敗です。
    具体的には住宅営業マンや、設計士にはじめに全ての要望を伝えてしまうことです。
    基本的に住宅営業マンや、設計士は「No」とは言いにくいので、はじめになんとなく言った内容で間取りが固定される可能性があります。
    そのため、失敗につながりやすいので、注意しましょう。

    3つ目は電気工事の打ち合わせに設計士が関わらないときの失敗です。
    電気設備は家族の生活動線、配置する家族によって大きく変わるので、基本的には自分たちで考える必要があります。
    そのため、素人だけで決めることになり、失敗しやすくなるので、設計士が関わらない電気工事は慎重に行いましょう。

     

    □注文住宅の間取りに関する失敗を防ぐ方法を解説します!

    *LDKを先に決めておく

    LDKは住宅のなかで最も場所をとるものなので、1番はじめに決めておく必要があります。
    よくある失敗例として、家具や家電と広さのバランスが合わないといったことがあるのでそれも考慮して決めていきましょう。

     

    *水回りは実用性を重視する

    水回りは毎日使用するところなので、それぞれの広さと場所を考えることを重視してください。
    あくまでも、デザインはその後に考えることです。

     

    *プライベートルームの数と広さを決める

    家族の人数やライフスタイルをよく考え、それに適したプライベートルームとその広さを決めましょう。
    現在、小さなお子様がいらっしゃる方でしたら、そのお子様が成長することも踏まえて考えていく必要があります。

     

    □まとめ

    注文住宅でよくある3つの失敗と失敗を防ぐために注意すべき点を解説しました。
    間取りは1番悩む部分でもあるので、慎重に決めていくようにしてください。

    福岡の注文住宅のことなら
    古賀市のウィズホーム株式会社へ

    ウィズホームの
    まじめな注文住宅づくり

    ウィズホーム株式会社は、古賀市、福津町、新宮市、宗像市を中心に、福岡県全域の新築戸建住宅の設計、施工、メンテナンスを行っております。
    住む人の健康を第一に考えた高気密、高断熱の注文住宅で、夏は暑さを入れず快適に、冬は熱を逃さず暖かい。家族が健康で幸せに暮らせる家づくりをまじめに行っています。
    また、住宅とご家族を地震から守る制振装置は、地震のエネルギーを吸収する優れもの。住宅とご家族を地震から守ります。
    安心の60年保証でお客様の人生に寄り添います。

    お問い合わせ・資料請求

    来場予約

    アクセスマップ