MENU

家づくりコラムCOLUMN

憧れのビルトインガレージに!福岡の業者が実現にかかる費用を解説します!

2020.05.29

    ビルトインガレージの費用についてお困りの方はいませんか。
    車庫が家の内部に入っているという特殊な建築手法なので、どうやって費用を算出するのかわからない方も多いと思います。
    そこで今回は、ビルトインガレージの費用相場に加えて、表示価格に潜む落とし穴まで詳しくご紹介していきます。

    □ビルトインガレージの費用相場とは

    ビルトインガレージは、建物と一体化しているため坪単価で考えます。
    それを踏まえてビルトインガレージの価格を坪単価で計算すると50〜80万円ほどかかると言われています。
    そのため、車一台分を仮に4〜5坪と仮定すれば200〜400万円ほどかかる計算になります。
    ただ、この価格相場は坪単価によっても変化するので、あくまでも目安と考えておきましょう。

    □ビルトインガレージの値段が業者によって大きく違うわけ

    先ほどビルトインガレージの価格相場で200〜400万円と聞いたときに、「幅があるな」と違和感を感じた人もいたのではないでしょうか。

    実は、この価格の違いは面積の算出方法が業者によって違うことが原因で発生しています。
    建築業界では、坪単価を算出する方法に明確なルールは存在しません。
    つまり、ある企業では坪単価を延床面積で計算し、また違う企業では坪単価を施工面積で計算するといったばらつきがあるということです。

    では、延床面積と施工面積は何が違うのでしょうか。
    延床面積は建築基準法に基づいて注文住宅全体の床面積を合計した面積です。
    一方、施工面積は、延床面積では除外していた面積も含めた総面積を値として用いています。
    そのため、延床面積と施工面積を使うかで、面積の値にかなりの違いが生まれ、結果的にコストにも違いが生じてしまうのです。

    もし現在ビルトインガレージを作りたいと思っている方は、くれぐれも坪単価だけで価格を判断することは避けてください。
    坪単価が安いからといって、必ずしも安くビルトインガレージを立てられるわけではありません。
    見積もりをもらったら延床面積か施工面積のどちらで計算されているかをしっかり確認し、勘違いを起こさないように注意してください。

    □まとめ

    ビルトインガレージは、趣味の空間として取り付ける方も多い人気の建築手法です。
    ただ、費用に関しては算出方法が企業によって違うので、うっかり安い表示価格に飛びつかないように注意が必要です。
    もし福岡でビルトインガレージ付きの住宅にご興味がございましたら、ぜひ多数の実績をもつ当社までご相談ください。

    福岡の注文住宅のことなら
    古賀市のウィズホーム株式会社へ

    ウィズホームの
    まじめな注文住宅づくり

    ウィズホーム株式会社は、古賀市、福津町、新宮市、宗像市を中心に、福岡県全域の新築戸建住宅の設計、施工、メンテナンスを行っております。
    住む人の健康を第一に考えた高気密、高断熱の注文住宅で、夏は暑さを入れず快適に、冬は熱を逃さず暖かい。家族が健康で幸せに暮らせる家づくりをまじめに行っています。
    また、住宅とご家族を地震から守る制振装置は、地震のエネルギーを吸収する優れもの。住宅とご家族を地震から守ります。
    安心の60年保証でお客様の人生に寄り添います。

    お問い合わせ・資料請求

    来場予約

    アクセスマップ