MENU

家づくりコラムCOLUMN

おしゃれな間取りの注文住宅とは?福岡の業者が解説します!

2020.08.10

    注文住宅を建てるなら、おしゃれな家にしたいですよね。
    外観や内装がポイントと思われがちですが、実は間取りもおしゃれさを構成する要素の1つです。
    そこで今回は、おしゃれな間取りを福岡の業者が解説するので、是非ご参考にしてください。

    □おしゃれな間取りの例とは?

    今回はおしゃれな間取りの中でもインパクトのある例を3つ紹介します。

    1つ目は、リビング階段です。
    階段は廊下にあるものだと思いませんか。
    実はリビングに設置する事例も多くあり、階段が1種のおしゃれなインテリアになります。
    階段の種類によっても印象が変わるので、是非気に入る階段を調べてみてください。

    しかし、廊下に階段がある場合より光熱費がかさむことは押さえておきましょう。
    特に温かい空気は上にいってしまうので、断熱性能を考える必要があります。
    階段を上がった先に扉を付けることが、1つの対策方法として挙げられるでしょう。

    2つ目は、吹き抜けです。
    吹き抜けとは2階の床を作らずに、1階と連結させた間取りのことを指します。
    おしゃれさに加え開放感があるので、リビングの一部や玄関に取り入れると効果的でしょう。

    しかし、吹き抜けもリビング階段と同様、光熱費がかさむ原因になってしまいます。
    天井にファンを取り付けたり、全体ではなく一部に取り入れたりして対策をしましょう。

    3つ目は、スキップフロアです。
    スキップフロアとは各階の高さをずらして中間階を作る間取りのことを指します。
    縦の空間を有効利用できたり、目線に高低差が生まれることで実際より広く感じたりする効果があります。
    また変わった間取りなので、毎日がワクワクするというメリットもあるでしょう。

    スキップフロアも、家全体が1つの部屋のような状態になり光熱費がかさむので対策が必要です。
    加えて段差が多いことは、高齢の方や小さな子供には向かないので注意しましょう。

    □おしゃれにするためには床と壁の色のバランスが重要!

    間取りを工夫してもなぜかおしゃれに感じないケースがあります。
    そのような時にまず考えてみて欲しいのが、床と壁の色のバランスです。
    バランスが取れていて調和していないと、いくら間取りをおしゃれに工夫しても違和感が生まれてしまいます。
    色が部屋に馴染んでいるかに注意しながら、床と壁の色を選ぶようにしましょう。

    □まとめ

    注文住宅でできるおしゃれな間取りについてご紹介しました。
    せっかく間取りにこだわったのになぜか違和感が生まれてしまうことがないよう、床や壁の色も合わせて慎重に考えていきましょう。

    福岡の注文住宅のことなら
    古賀市のウィズホーム株式会社へ

    ウィズホームの
    まじめな注文住宅づくり

    ウィズホーム株式会社は、古賀市、福津町、新宮市、宗像市を中心に、福岡県全域の新築戸建住宅の設計、施工、メンテナンスを行っております。
    住む人の健康を第一に考えた高気密、高断熱の注文住宅で、夏は暑さを入れず快適に、冬は熱を逃さず暖かい。家族が健康で幸せに暮らせる家づくりをまじめに行っています。
    また、住宅とご家族を地震から守る制振装置は、地震のエネルギーを吸収する優れもの。住宅とご家族を地震から守ります。
    安心の60年保証でお客様の人生に寄り添います。

    お問い合わせ・資料請求

    来場予約

    アクセスマップ