MENU

建築現場レポートREPORT

福津市③ M様邸 中間検査

こんにちは!福岡の工務店ウィズホームです!

本日は、福津市 M様邸の中間検査の様子を紹介させて頂きます。

「中間検査」とは、建物工事期間の中間という意味合いもあるのですが、厳密に中間という訳でもありません。

建物の形によって工事期間にばらつきがありますが、構造部分が仕上げ材で隠れる前に検査が必要となります。

外部の検査員が検査立ち合いを行い、確認申請通りに現場が進んでいるか、耐力壁や金物の設置状況などを細かく確認していきます。

↑中間検査時点の建物内部の状況です。

柱や壁の中が見える状態になっています。

↑外部は耐力面材を全面に施工します。

釘の間隔や大きさなどが細かく決められており、基準に従って施工する事で地震などの際にお家を守ってくれる重要な壁になります。

↑制震装置です。

ウィズホームでは制震装置を全棟標準装備しております。

耐震+制震で、強くて長持ちするお家造りを心掛けております。

↑屋根工事の様子です。

屋根の仕上げ材と下地のルーフィングが見えています。

瓦が万が一破損した際に雨漏りを防いでくれるのがルーフィングです。

その為、重ねる寸法や接着方法など細かく基準が決められております。

↑窓廻りのルーフィングの状況です。

雨漏り防止の為、屋根とサッシの間にもルーフィングの立ち上げが必要です。

寸法の規定もあります。

↑屋内の耐力壁で代表的な「筋かい」です。

柱と固定させる金物「筋かいプレート」が施工されています。

こちらも、外部の耐力面材と同じく、基準に従って施工する事で地震などの際にお家を守ってくれる重要な壁になります。

上記の様に、仕上げ工事が完了してしまうと確認できない部分のチェックを行う検査が「中間検査」です。

今回写真で紹介した部分以外にも、検査項目が細かく決められており一つ一つ外部検査員によって確認されていきます。

おおよそ1時間で検査終了となります。

問題無く中間検査を合格し、次の工程へ進んでいきます。

福岡の注文住宅のことなら
古賀市のウィズホーム株式会社へ

古賀市・福津市・新宮町・宗像市

ウィズホームの
まじめな注文住宅づくり

ウィズホーム株式会社は、古賀市、福津町、新宮市、宗像市を中心に、福岡県の新築戸建住宅の設計、施工、メンテナンスを行っております。
住む人の健康を第一に考えた高気密、高断熱の注文住宅で、夏は暑さを入れず快適に、冬は熱を逃さず暖かい。家族が健康で幸せに暮らせる家づくりをまじめに行っています。
また、住宅とご家族を地震から守る制振装置は、地震のエネルギーを吸収する優れもの。住宅とご家族を地震から守ります。
安心の60年保証でお客様の人生に寄り添います。

お問い合わせ・資料請求

モデルルーム見学会

アクセスマップ