MENU

建築現場レポートREPORT

宗像市① F様邸 地縄張りの様子をレポートします!

こんにちは。

福岡の工務店ウィズホームです!

今日は、先日より工事がスタートした宗像市F様邸の”地縄張り”の様子をお伝えします。

 

ところで、”地縄張り”という言葉をお聞きになられたことはございますか?

注文住宅を建てられた方ならお分かりになられると思いますが、普段の会話の中ではほとんど耳にすることがない言葉だと思いますので、簡単に説明いたします。

 

ウィズホームではお客様と何度も打合せを行い、家の最終の仕上がり図面を決定いたします。

お客様の想いに加え、ウィズホームの担当者の想いも併せて作り上げた大切な作品の設計図です!

その決定した図面をもとに、これから建てようとする家のおおよその位置を確認するために、土の上に縄を張ることを”地縄張り”と言います。

工事を担当する、現場監督の大切な仕事の一つです。

↓壁面からの距離の確認↓

 

この地縄張りをすることで、その土地にどれくらいの大きさの家が建つのかがわかります。

何度も打合せを重ねてきた家が、ついに形になっていく瞬間です!

引き続き、工事の様子をレポートしてまいりますのでお楽しみに!!

福岡の注文住宅のことなら
古賀市のウィズホーム株式会社へ

古賀市・福津市・新宮町・宗像市

ウィズホームの
まじめな注文住宅づくり

ウィズホーム株式会社は、古賀市、福津町、新宮市、宗像市を中心に、福岡県の新築戸建住宅の設計、施工、メンテナンスを行っております。
住む人の健康を第一に考えた高気密、高断熱の注文住宅で、夏は暑さを入れず快適に、冬は熱を逃さず暖かい。家族が健康で幸せに暮らせる家づくりをまじめに行っています。
また、住宅とご家族を地震から守る制振装置は、地震のエネルギーを吸収する優れもの。住宅とご家族を地震から守ります。
安心の60年保証でお客様の人生に寄り添います。

お問い合わせ・資料請求

モデルルーム見学会

アクセスマップ